くすりエクスプレスは信頼の個人輸入代行

くすりエクスプレス
日本で販売されていない薬をくすりエキスプレスなら海外から直接個人輸入することができます。その際には守るべきことが多数ありますので、知っておいてください。

性生活と副交感神経

セックスレスと副交感神経

人間には交感神経と副交感神経というものがあり、常にどちらかの神経が活動していて、両方が同時に活動することはありません。

 

交感神経は、緊張や集中をつかさどり、副交感神経はリラックスや弛緩している時に活動します。

 

人間が幸せの追求を考えたり、求めたりする時には副交感神経が働いています。

 

反対に、仕事中や面接などの緊張した状態の時には交感神経が働いています。

 

性交渉に快楽や喜びが伴っているのは、様々な生物の中でも哺乳類、特に人間に備わっている機能です。

 

そのため人生の喜びの中に性交渉も含まれます。

 

性交渉には肉体的な快楽と、性交渉の相手との精神的なつながりを得るという喜びがあります。

 

その時にはもちろん副交感神経がとても活発に活動しています。

 

しかし、この副交感神経の働きが人類全体で考えると鈍くなってきているのです。

 

副交感神経に一番良くないのはストレスです。

 

今の社会では普通に生活するだけでも、ストレスを感じてしまうようなストレス社会です。

 

睡眠時間と副交感神経

 

そのほかにも、インターネットの普及などで、人類全体が睡眠不足気味になってきています。

 

平均睡眠時間も以前に比べてどんどん短くなってきています。

 

そのほかにも都心部ほど、睡眠時間は短い傾向になり、副交感神経が正常に働けない環境になっている人が多くなっています。

 

性生活を含め人生の幸福には副交感神経が活動することが必要なのです。

 

リラックスしている状態でパソコンなどでゲームを楽しんでいる時は副交感神経が働いていると思ってしまうかもしれませんが、その時にはなんと交感神経の方が活発に働いていますのでご注意ください。